講演会<日比谷オペラ塾>

フェニーチェ劇場友の会・主催

豪華講師陣による<日比谷オペラ塾>が大人気!

 

2013年は、ヴェルディ及びワーグナーというオペラ界の巨匠が揃って生誕200年を迎えた記念の年でした。その年に、フェニーチェ劇場友の会主催、会場の千代田区立日比谷図書文化館共催による<日比谷オペラ塾>が、スタートしました。<日比谷オペラ塾>は、毎月、原則として1回、図書文化館の小ホール(定員60名)を使用して、各界の研究者をお招きして行う連続講演会です。

2013年には、まず「ワーグナーへの愛」といったタイトルで、エッセイストでドイツ文学者の池内紀氏など4名の方をお招きし、3月から4月にかけて4回の連続講演会を行いました。

続いて、6月にはやはり4回シリーズで「ヴェルディへの絆」と題して、音楽評論家の加藤浩子氏など4名の講師を招いての講演でした。

この2つの連続講演会が好評だったことから、以後はオペラ・シーズンにならって、10月から翌年9月までを1シーズンとしてテーマを決めて毎月開催する連続講演会となりました。シーズンを、それぞれ前期と後期にわけて募集をかけたところ、毎回参加希望者が多く、つねに開催前に定員になってしまう人気講座となっています。

 

  • 20132014<作曲家でたどるオペラのあゆみ>
  • 20142015<オペラをもっと楽しむ方法>
  • 20152016<深読み名作オペラ>
  • 20162017<続・深読み名作オペラ>
  • 20172018<文学からオペラへ>
  • 20182019<オペラハウスへようこそ>
  • 20192020<歴史の中のオペラ>

 

また、これとは別途に特別講演会として、同じ日比谷図書文化館のコンベンション・ホール(207名収容)を使って特別講演会も行っています。

第1回は、20142015シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、脳学者の茂木健一郎氏を招き、「茂木健一郎、ワーグナーを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

第2回は、20152016シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、作曲家の青島広志氏を招き、「ブルーアイランド先生、「アリアの歴史」を語る。」を行いました。この会では、テノールの小野勉氏にも共演していただきました。

第3回は、20162017シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、再び脳学者の茂木健一郎氏を招いて「茂木健一郎、ワーグナーとニーチェを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

この講演会は、共催者の日比谷図書文化館が各シーズンの前期及び後期ごとに、募集しています。同館のホームページ<日比谷カレッジ>の項目から検索してください。受付の一元化のために、フェニーチェ劇場友の会では受付をしておりませんのでご注意ください。

20192020シーズンは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、会が一時閉鎖になるなど、講座の予定が大幅に変更(順延)になっています。

 

 

<日比谷オペラ塾>受講の皆さまへ

 去る8月に加藤浩子先生を講師にお迎えし「名作オペラで知る歴史」と題しての2回の連続講座を開催いたしましたところ、コロナ禍にもかかわらず多くの方々にご参加いただき、改めてこの講座にお寄せいただいている期待の高さを実感した次第です。ご参加いただいた方々ありがとうございました。  引き続き、11月から来年3月まで、8月に実施したような毎月2回の『短期集中講座』を開催する予定ですのでご期待ください。次回は 

井内美香が語る短期集中講座(全2回)

栄光のミラノ・スカラ座の歴史

■前編:都市と劇場の理想的なつながり

2021年11月8日(月)14時〜15時30分

■後編:殿堂に響いた名歌手たちの歌声

2021年11月19日(金)14時〜15時30分

講師の井内美香さん(音楽ライター、オペラ・キュレーター)からのメッセージ

イタリア・オペラの殿堂と呼ばれるミラノ・スカラ座。ロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティ、ヴェルディ、プッチーニなどの名作オペラが数多く誕生し、またマリア・カラスをはじめとする世紀の名歌手たちが歌声を残しました。なぜ、スカラ座はイタリアを代表する歌劇場として世界にその名を知られる存在になったのでしょうか?スカラ座の誕生から発展、そして歴史的な名演を紹介しながら、オペラの殿堂の秘密に迫ります。

 

講師紹介: 学習院大学修士課程とミラノ国立大学で音楽学を学ぶ。ミラノ在住20年以上をオペラ、バレエに関する執筆、通訳、来日公演コーディネイトの仕事に携わる。2012年から東京在住し、オペラに関する執筆、取材、講演の仕事をしている。共著書「バロック・オペラ その時代と作品」、訳書「わが敵マリア・カラス」等がある。

会 場:日比谷図書文化館 地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

定 員:各回60名(事前申込順、定員に達し次第締切)

      ご注意:受付開始は9月25日を予定しています。

参加費:各回1,500

申込み:日比谷図書文化館 ホームページ申込みフォーム、電話いずれかにて

①講座名、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。

*今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により変更となる場合があります。予めご了承ください。
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対策を実施していますのでご協力ください。
 ご入館時には手指の消毒、職員による検温、入館票のご記入(「貸出券番号」または「名前と電話番号」)をお願いします。館内では必ずマスクをご着用ください。会場定員は207名ですが、新型コロナウイルス感染防止対策としてソーシャルディスタンス確保のため定員を少なく設定し、募集を行います。

 

主催:フェニーチェ劇場友の会 

 

共催:千代田区立日比谷図書文化館 (千代田区日比谷公園1-4

 

12月の予定は、「名作オペラのヒロインの実像」(講師:香原斗志先生)を、

 

122日(木)、1221日(火)の午後2時から開催する予定です。(申込受付は未定)