講演会<日比谷オペラ塾>

フェニーチェ劇場友の会・主催

豪華講師陣による<日比谷オペラ塾>が大人気!

 

2013年は、ヴェルディ及びワーグナーというオペラ界の巨匠が揃って生誕200年を迎えた記念の年でした。その年に、フェニーチェ劇場友の会主催、会場の千代田区立日比谷図書文化館共催による<日比谷オペラ塾>が、スタートしました。<日比谷オペラ塾>は、毎月、原則として1回、図書文化館の小ホール(定員60名)を使用して、各界の研究者をお招きして行う連続講演会です。

2013年には、まず「ワーグナーへの愛」といったタイトルで、エッセイストでドイツ文学者の池内紀氏など4名の方をお招きし、3月から4月にかけて4回の連続講演会を行いました。

続いて、6月にはやはり4回シリーズで「ヴェルディへの絆」と題して、音楽評論家の加藤浩子氏など4名の講師を招いての講演でした。

この2つの連続講演会が好評だったことから、以後はオペラ・シーズンにならって、10月から翌年9月までを1シーズンとしてテーマを決めて毎月開催する連続講演会となりました。シーズンを、それぞれ前期と後期にわけて募集をかけたところ、毎回参加希望者が多く、つねに開催前に定員になってしまう人気講座となっています。

 

  • 20132014<作曲家でたどるオペラのあゆみ>
  • 20142015<オペラをもっと楽しむ方法>
  • 20152016<深読み名作オペラ>
  • 20162017<続・深読み名作オペラ>
  • 20172018<文学からオペラへ>
  • 20182019<オペラハウスへようこそ>
  • 20192020<歴史の中のオペラ>

 

また、これとは別途に特別講演会として、同じ日比谷図書文化館のコンベンション・ホール(207名収容)を使って特別講演会も行っています。

第1回は、20142015シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、脳学者の茂木健一郎氏を招き、「茂木健一郎、ワーグナーを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

第2回は、20152016シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、作曲家の青島広志氏を招き、「ブルーアイランド先生、「アリアの歴史」を語る。」を行いました。この会では、テノールの小野勉氏にも共演していただきました。

第3回は、20162017シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、再び脳学者の茂木健一郎氏を招いて「茂木健一郎、ワーグナーとニーチェを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

この講演会は、共催者の日比谷図書文化館が各シーズンの前期及び後期ごとに、募集しています。同館のホームページ<日比谷カレッジ>の項目から検索してください。受付の一元化のために、フェニーチェ劇場友の会では受付をしておりませんのでご注意ください。

20192020シーズンは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、会場が一時閉鎖になるなど、講座の予定が大幅に変更(順延)になっています。