講演会<日比谷オペラ塾>

フェニーチェ劇場友の会・主催

豪華講師陣による<日比谷オペラ塾>が大人気!

 

2013年は、ヴェルディ及びワーグナーというオペラ界の巨匠が揃って生誕200年を迎えた記念の年でした。その年に、フェニーチェ劇場友の会主催、会場の千代田区立日比谷図書文化館共催による<日比谷オペラ塾>が、スタートしました。<日比谷オペラ塾>は、毎月、原則として1回、図書文化館の小ホール(定員60名)を使用して、各界の研究者をお招きして行う連続講演会です。

2013年には、まず「ワーグナーへの愛」といったタイトルで、エッセイストでドイツ文学者の池内紀氏など4名の方をお招きし、3月から4月にかけて4回の連続講演会を行いました。

続いて、6月にはやはり4回シリーズで「ヴェルディへの絆」と題して、音楽評論家の加藤浩子氏など4名の講師を招いての講演でした。

この2つの連続講演会が好評だったことから、以後はオペラ・シーズンにならって、10月から翌年9月までを1シーズンとしてテーマを決めて毎月開催する連続講演会となりました。シーズンを、それぞれ前期と後期にわけて募集をかけたところ、毎回参加希望者が多く、つねに開催前に定員になってしまう人気講座となっています。

 

  • 20132014<作曲家でたどるオペラのあゆみ>
  • 20142015<オペラをもっと楽しむ方法>
  • 20152016<深読み名作オペラ>
  • 20162017<続・深読み名作オペラ>
  • 20172018<文学からオペラへ>
  • 20182019<オペラハウスへようこそ>
  • 20192020<歴史の中のオペラ>

 

また、これとは別途に特別講演会として、同じ日比谷図書文化館のコンベンション・ホール(207名収容)を使って特別講演会も行っています。

第1回は、20142015シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、脳学者の茂木健一郎氏を招き、「茂木健一郎、ワーグナーを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

第2回は、20152016シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、作曲家の青島広志氏を招き、「ブルーアイランド先生、「アリアの歴史」を語る。」を行いました。この会では、テノールの小野勉氏にも共演していただきました。

第3回は、20162017シーズンの開幕記念特別講演会と銘打って、再び脳学者の茂木健一郎氏を招いて「茂木健一郎、ワーグナーとニーチェを語る。〜感動と癒しのメカニズム〜」を行いました。

この講演会は、共催者の日比谷図書文化館が各シーズンの前期及び後期ごとに、募集しています。同館のホームページ<日比谷カレッジ>の項目から検索してください。受付の一元化のために、フェニーチェ劇場友の会では受付をしておりませんのでご注意ください。

20192020シーズンは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、会が一時閉鎖になるなど、講座の予定が大幅に変更(順延)になっています。

 

 

<日比谷オペラ塾>受講の皆さまへ

 お待たせいたしましたが、来たる6月に別記のような形で再開させていただきます。
 こうしたコロナ禍の中での実施ということもあり、今までとは違い、日曜の昼に2回に分けての講座となります。今回は、おなじみの加藤浩子先生を講師にお迎えし、「名作オペラで知る歴史」と題しての連続講座です。どうぞご期待ください。
 お申し込みの詳細は、会場の日比谷図書文化館のホームページをご覧ください。

加藤浩子が語る特別連続講座(全2回)

日時変更のお知らせ
緊急事態宣言の延長に伴い、以下のように開催日を変更します!

■前編:「トスカ」とナポレオン戦争

2021年8月9日(月)14時〜15時30分(13時30分開場)

■後編:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が描くドイツの理想

2021年8月15日(日)14時〜15時30分(13時30分開場)

加藤浩子講師(音楽評論家)からのメッセージ

特定の時代や事件を背景にした「歴史オペラ」とされるオペラは数多くあります。背景になっている時代そのものも興味深いですが、作品が成立した時代と重ね合わせると、その作品に秘められた意味が浮かび上がります。例えばワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、16世紀のニュルンベルクを舞台にしたオペラですが、ワーグナーが夢見た「理想のドイツ」の姿が描かれた作品でもあります。ワーグナーが生きた時代、ドイツは統一への道を歩いていたのですから。

 またプッチーニの「トスカ」は、愛憎劇と受け止められがちですが、「歴史オペラ」という側面から見ても大変良くできた作品であり、作品の成立した時代のきな臭さも無視できません。今回の講座では、この2作を取り上げ、「歴史オペラ」の面白さ、奥深さをお伝えできればと考えています。

 

講師紹介: 音楽物書きと自称。慶應義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。在学中にオーストリア政府給付留学生としてインスブルック大学で学ぶ。著書に『ヴェルディ』『バッハ』『オペラでわかるヨーロッパ史』『音楽で楽しむ名画』『オペラで楽しむヨーロッパ史』など多数。

会 場:日比谷図書文化館 地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

定 員:各回60名(事前申込順、定員に達し次第締切)

参加費:各回1,500

申込み:日比谷図書文化館 ホームページ申込みフォーム、電話いずれかにて

①講座名、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。

*今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により変更となる場合があります。予めご了承ください。
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対策を実施していますのでご協力ください。
 ご入館時には手指の消毒、職員による検温、入館票のご記入(「貸出券番号」または「名前と電話番号」)をお願いします。館内では必ずマスクをご着用ください。会場定員は207名ですが、新型コロナウイルス感染防止対策としてソーシャルディスタンス確保のため定員を少なく設定し、募集を行います