per la FENICE(フェニーチェのために)

「フェニーチェ劇場友の会」はヴェネツィア・フェニーチェ劇場が公式に認める日本での支援団体です。
フェニーチェ劇場は1996年1月の火事でほぼ全焼し、その後約8年の年月をかけて2003年12月、再建されました。その際、日本でも再建に向けての募金活動が行われ、500万円を越える寄付がなされました。
現在、イタリアのオペラハウスはイタリア政府の文化予算削減の煽りを受け、どこも財政難に陥っており、フェニーチェも例外ではありません。
「フェニーチェ劇場友の会」はフェニーチェを財政的に少しでもサポートしたいという願いから生まれました。日本のフェニーチェファン、オペラファンの力を結集して、この素晴らしいオペラハウスの活動を支援していきたいと考えています。

フェニーチェ劇場への寄付

フェニーチェ劇場友の会では、オペラツアーや講演会で得られた収益をフェニーチェ劇場に寄付しています。

日時 金額(円) 金額(ユーロ)  
2010年10月 230,000 2,000  
2013年1月 298,500 3,000  
2015年12月 662,350 5,000  
2016年8月 572,850 5,000  
2019年6月 617,100 5,000  
合計 2,610,800 22,000  

フェニーチェ劇場からの寄付金を寄託

東日本大震災に際して、フェニーチェ劇場(キアロット総裁)からチャリティ・コンサートを実施した純益を
友の会へ寄託され、被害のあった「仙台オペラ協会」へ寄贈いたしました。

 

2011年6月29日 フェニーチェ劇場(3,000ユーロ)から東日本大震災への寄付(339,462円)
2011年8月  3日 同寄付を仙台オペラ協会に寄贈(350,000円)

キアロット総裁から小切手を受け取る栗林事務局長。
キアロット総裁から小切手を受け取る栗林事務局長。
現地の新聞でも大きく取り上げられました。
現地の新聞でも大きく取り上げられました。
贈呈式(左より、フェニーチェ劇場合唱団メゾソプラノ小澤美鈴さん、 新井巌 フェニーチェ劇場友の会代表、佐藤淳一 仙台オペラ協会芸術監督)
贈呈式(左より、フェニーチェ劇場合唱団メゾソプラノ小澤美鈴さん、 新井巌 フェニーチェ劇場友の会代表、佐藤淳一 仙台オペラ協会芸術監督)